2021.06.07

異例づくしの大学野球選手権。ドラフト戦線をにぎわす「左投手」と「右の強打者」に注目

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

今年春のリーグ戦で4本塁打を放った慶應義塾大のスラッガー・正木智也今年春のリーグ戦で4本塁打を放った慶應義塾大のスラッガー・正木智也  野手では、ドラフト上位候補の正木智也(慶應義塾大)を筆頭に右の強打者が多いのが特徴だ。右の強打者を補強ポイントに抱えるプロ球団も多いだけに、今大会での活躍次第で一躍ドラフト戦線に名乗りをあげる存在も出てくるかもしれない。

 正木は今春のリーグ戦で厳しいマークに遭いながらも、10試合で4本塁打、12打点とポイントゲッターの役割を果たした。インパクトの瞬間に爆発音が球場に響く、その破壊力満点の打撃は大学最高峰の舞台でも炸裂するか。慶應義塾大はシードされており、9日に九州産業大と和歌山大の勝者と対戦する。

 バットを強く振れる強打者なら、福元悠真(大阪商業大)も見逃せない。智辯学園高時代にはセンバツ優勝を経験し、期待の高かった大学進学後は故障もあって停滞感が強かった。だが、今春の関西六大学リーグでは打率.350を記録して、上昇気流に乗っている。強いプロ志望を表明しており、7日の東亜大との初戦は大きなアピールの場になる。

 ほかにも、今春の東都大学リーグで5本塁打を放った山本ダンテ武蔵(國學院大)、関甲新学生リーグで3本塁打を放ちMVPを受賞したブライト健太(上武大)も楽しみな大砲。大村工高時代から大器と注目された森伊吹(九州産業大)も、最終学年を迎える。

 左打者では、巧さと強さを兼ね備えた川村啓真(國學院大)、スイングに華がある山城響(富士大)を推したい。

 扇の要となる捕手では、福永奨(國學院大)、福井章吾(慶應義塾大)、古間木大登(東農大北海道)とシード校の3捕手が必見。福永は強肩と捕手としての気配り・目配り、福井は強いリーダーシップと強打、古間木は高い守備力と力強さを増した打撃とそれぞれに見所がある。國學院大は9日に岐阜聖徳学園大と富士大の勝者と対戦、東農大北海道は8日に天理大と石巻専修大の勝者と対戦する。

 全国的には無名ながら、アマチュア屈指の強肩としてピックアップしておきたいのが、仲田慶介(福岡大)だ。外野からの爆発的なスローイングは度肝を抜かれるに違いない。今大会は観客上限5000人の有観客で開催されるが、8日の広島経済大との初戦は試合前のシートノックから仲田に注目してほしい。

関連記事