2021.04.22

大谷翔平効果は大学にも。二刀流の日体大エース、ドラフトでの評価は?

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざは、大谷翔平という革命児の出現によって死語になった感すらある。

 最後に矢澤に聞いてみた。この2年間で、投打ともどんな境地に達してみたいかと。矢澤はこう答えた。

「投手としてはMAXで150キロをどの試合でも出して、アベレージで145キロを投げられるように。野手としては1試合で最低でもヒット1つ、フォアボール1つ、打点1つをつけられるのが理想です」

 二刀流という非現実的なものに挑戦している選手にしては、思い描く理想は意外と現実的だった。だが、その言葉どおりの姿にこの2年間で近づければ、「矢澤は投手か、野手か、二刀流か」という議論は今後さらに白熱していくはずだ。

関連記事