2021.03.25

圧倒的な戦力差も東海大菅生と大接戦。聖カタリナ監督が語った勝敗を分けた「差」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

 聖カタリナのエース・櫻井は9回を投げ切って、許したヒットは6本。7つの三振を奪ったが、勝利はつかめなかった。四番の川口は、絶好のチャンスをモノにできなかった。

 あのスライダーが高めに浮かなければ......。

 最後の打席で仕留めることができていれば......。

 後悔と悔しさを持って、彼らは甲子園を後にした。

 試合後、櫻井は淡々と自分のピッチングを振り返った。

「甲子園球場は自分が思っていた以上に広くて、その圧に負けた気がする。はじめはボールが少し浮いてしまい、自分のピッチングができなかった。夏に向けてしっかりと体作りをして、勝負強いピッチングができるような練習をしたい」

 最後のバッターになった川口は悔しさをにじませながらこう言った。

「四番なのに、自分の力不足でチームを負けさせてしまった。まっすぐ一本に狙いを絞って、一振りで決めたいと思っていたのに......自分が打てなかったせいで負けた」

 勝敗を分けたのは、「勝負強さだ」と聖カタリナの越智監督は分析する。

「大事なのは、チャンスで1本出せるかどうか。相手はホームランで得点を重ねたけど、うちは2回も満塁の場面を作りながら、ひと押しができなかった。その差を埋められるように、夏に向けて準備したい」

 センバツは、夏に向けた通過点。大会前にそう語っていた越智監督。甲子園という大舞台で悔しさを味わったエースと四番に残された時間は多くない。100日ほどで何を積み上げることができるのだろうか。

■元永知宏 著
『補欠のミカタ レギュラーになれなかった甲子園監督の言葉』(徳間書店)
詳細はこちら>>

関連記事