2021.03.25

東海大菅生・鈴木泰成に大エースの予感。元プロの監督も絶賛の将来性

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 ただし、若林監督は厳しい指導者として知られ、リップサービスをするタイプには思えない。それだけに、その言葉には重みがあった。若林監督はさらに続けた。

「とはいえ一足飛びにはいかないので、3年夏までに大エースになってくれたらと考えています。今日は緊張もあってか本来の出来ではなかったですが、この大舞台でこれだけ投げられればたいしたものですよ」

 投手として鈴木がとくに優れている点を聞くと、若林監督は技術以外の部分を挙げている。

「生活でもマウンドでも度胸があるし、きっちりしています。どんな状況でも落ち着いていて、クレバー。将来を見据えてきっちり取り組んでいるところだと思います」

辞めるつもりだった」京都国際の監督が甲子園へ>>

 茨城県出身の鈴木が東京の東海大菅生に進学した理由は、小・中学と同じチームに所属した大先輩・高橋優貴(巨人)の存在がある。

「優貴さんに『ピッチャーなら菅生がいいよ』と言われていたんです。中学(友部シニア)は厳しい環境でやってきたので、高校も厳しいチームがいいなと。中学2年くらいから、自分は菅生一択でした」

 本人や若林監督の言葉を聞けば聞くほど期待はふくらむが、現時点ではあくまでも「原石」に過ぎない。まぶしい光を放つための課題は多く残されている。

 フォームもその一つ。左足をインステップするクセがあり、本人は「徐々に真っすぐ踏み出せるように直して、きれいなストレートを投げたい」と意気込む。

 若林監督が「大エース」誕生のリミットとした1年4カ月後、鈴木泰成はどのような姿を見せてくれるのだろうか。焦らず、急かさず、見守る時間はたっぷりとある。

関連記事