2021.03.19

小芝風花は毎年センバツに全力注目!見ていて胸が熱くなる瞬間を語る

  • 一ノ瀬 伸●取材・文 text by Ichinose Shin
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

ーーありがとうございます。小芝さん自身は最近、スポーツやトレーニングはしていますか?

小芝
 フィギュアスケートをやめて今年で10年ほどになりますが、引退後はほとんど運動をしてないんです。スケートでもう一生分動いたかなと思っていて(笑)。だから、筋肉がどんどん落ちていて、階段をちょっと登るだけで、息切れしちゃう。10年後、私は階段を登れるのだろうか......と不安になっています(苦笑)。なので、最近はトレーニングジムを探そうと思っているのと、柔軟(ストレッチ)をするようになりました。少しずつ頑張りたいと思います!

【profile】
小芝風花 こしば・ふうか 
1997年4月16日、大阪府生まれ。小・中学時代はフィギュアスケートに打ち込み、アイスダンス種目では2011年の第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会で優勝。11年、「ガールズオーディション2011」グランプリ受賞。14年には『魔女の宅急便』で映画初主演を果たし、第57回ブルーリボン賞新人賞を受賞。同年、春のセンバツ(第86回選抜高等学校野球大会)のイメージキャラクターに抜擢。21年のセンバツでは、大会公式サイト「センバツLIVE!」で出場校紹介動画ナレーションを担当している。現在、主演ドラマ『モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜』(テレビ朝日系)が毎週土曜23時〜放送中。また、自身初の朗読劇、「坂元裕二朗読劇2021『忘れえぬ 忘れえぬ』『初恋』『不倫』」が4月22日、同30日〜5月2日、東京と大阪で上演される。

関連記事