2020.10.23

ドラフト候補、明石商・中森&来田が
互いの性格を語る。意外な一面も

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 その時のことを来田はこう振り返る。

「相手の3年生ピッチャーに負けたくなかったんです。試合になれば1年生も3年生も関係ない。だから、堂々としていたかったんです。でも、その試合は自分のエラーで負けてしまって......初めての甲子園で1球の大事さを学びました」

 周囲を気にせず、いわゆる「我が道を行くタイプ」に映る来田だが、そのたびに指揮官から「調子に乗るな!」とクギを刺された。ただ、自分から行動を起こしたり、発言したりするのではなく、どちらかといえば先輩についていくタイプだった。そんな来田が変わったのが、昨年秋にキャプテンに就任してからだ。中森がその変化についてこう語る。

「周りのことをよく考えるようになりました。とくに3年生になってからは、チームのことを最優先して、その次に自分みたいな感じで。キャプテンになって静かになったというか、すごく落ち着いたと思います」

 そんな中森は、中学時代の成績はオール5で、商業高校では毎週のように行なわれる資格取得のための検定試験にも積極的に取り組む典型的な優等生だが、意外な一面があると教えてくれたのは来田だ。

「中森は集団よりもひとりで行動したいタイプ。ピンチで伝令が来て、マウンドに内野手が集まる時があるじゃないですか。でも、中森は『集まらなくていい』と素っ気ない態度を取る時をよく見ます。センターから見ていて、自分の世界があるんやなって思っていました」

 すると、中森はすかさず反論した。

「絶対に来てほしくないわけではないんです。試合の流れを見て、ここぞという時に来てほしいタイミングというのがあるんです。(来田が目にしたのは)自分の思う時と違っていた場面だったからだと思います。自分はもともと崩したくないリズムがあって、野球でも『ひとりでいたい』という時があるんです。それは普段の生活でも同じ。とにかく自分のペースを守りたいので、マイペースだと思います」