2020.10.12

元ホークス島袋が天才と認めた「興南の5番」。
柳田悠岐のような長打力が魅力

  • 松永多佳倫●文 text by Matsunaga Takarin
  • photo by Matsunaga Takarin

 チームの主軸であり、キャプテンを務める濱田晃成も銘苅のバッティングには一目置いている。濱田は延岡学園(宮崎)2年夏の甲子園に出場し、ドラフト候補に挙げられたほどの選手である。高校卒業後は社会人野球の名門・東京ガスに進み、2年目にレギュラー奪取。5度の都市対抗に出場し、日本選手権では打率4割の記録を残すなど、チームの中心選手として活躍した。

「正直、春夏連覇といっても......というのはありました。自分も東京ガスでやってきた誇りがありましたから。でも、バッティングを見て驚愕しました。飛距離もそうですけど、左腕の押し出しがすごい。自分は右投げ左打ちですが、銘苅さんのように左投げ左打ちの選手と左腕の使い方が違うんです。銘苅さん曰く『サイドスローで投げるような感じで左腕を押し込む』らしいのですが、到底できない芸当です。どこの社会人チームに行っても通用します」(濱田)

進学校の120キロ左腕が華麗に成長しプロを目指す>>

 沖縄県初のプロ野球球団「琉球オーシャンズ」とのオープン戦でも、元プロのピッチャーの球を難なく打ち返す。とにかく、空振りするイメージが湧かない。濱田には一発の迫力があるが、銘苅にはそれ以上の凄みがある。
 
「僕は1年1年が勝負なんです。だから、一生懸命やった結果、この1年で終わっても悔いはないです。プロがどうこうじゃなくて、精一杯できる自分がいる限り、野球はやめない。やめるのは簡単ですから」

 すべてを悟ったかのように、銘苅はそう言った。そんな彼の今後の活躍を期待したい。

関連記事