2020.08.31

来年のドラフトは大豊作? 元スーパー
小学生ら高校野球大物投手が成長中 

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 同じく甲子園交流試合で目立ったのは、名門・大阪桐蔭の2年生左腕である松浦慶斗だ。父は日本製紙石巻の元監督である松浦吉仁氏。宮城・石巻で生まれ、北海道・旭川で育った大器は、高校からエリートが集う大阪桐蔭に入学した。

 身長186センチ、体重80キロの均整の取れた体型に、柔らかさと強さの共存した腕の振り。今夏の大阪独自大会では履正社戦でリリーフ登板し、その日4安打を放った小深田大地からストレートで三振を奪うなど、3回無失点と気を吐いた。なお、スカウトのスピードガンでは150キロを計測したという。

 甲子園でも東海大相模との注目の一戦で8回からリリーフ登板し、2イニング打者6人をパーフェクトに抑えて勝利に導いている。

 大阪桐蔭には、関戸康介(大阪桐蔭)という2年生の本格派右腕も控える。小学6年時にはソフトバンクジュニアに選出されて最速129キロをマークし、「スーパー小学生」と話題になった。明徳義塾中ではエースとして全日本少年軟式野球大会準優勝。大阪桐蔭でも順調にスケールアップを果たし、今夏には150キロに到達した。一部スカウトのスピードガンでは154キロを計測したという。

 松浦、関戸を中心とした大阪桐蔭投手陣は、今年も全国屈指の陣容になりそうだ。

 関戸と同様、中学時代に軟式野球をプレーした投手にも逸材が多い。中学時代は高知県で関戸以上に注目された森木大智(高知)は、中学軟式で前人未到の150キロを計測。高知中のエースとして、春の全日本少年軟式野球大会、夏の全国中学校軟式野球大会と全国大会を春夏連覇している。

 高知高では1年時に軽度の右ヒジ痛を発症し、今夏は「オール3年生」で臨んだチーム事情から目立った活躍は見せられていない。それでも、中学時代から指導する恩師の濱口佳久監督のもと、一つひとつ課題をクリアしている。センセーショナルな投球を見せてくれる日もそう遠くはないだろう。