2020.08.18

大阪桐蔭、東海大相模に快勝の裏に
正捕手を争う2人の熱心な研究あり

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 志願して捕手に戻った吉安は、今まで以上に捕手としての技能を磨こうと努力した。当時を吉安は振り返る。

「ピッチャーとのコミュニケーションをとくに力を入れるようにしました。もっと話してピッチャーのことを理解しないと、リードはできませんから」

 昨秋は大阪府大会で吉安が正捕手となり優勝。近畿大会は、大会前に負傷した吉安に代わり清水がマスクをかぶり準優勝。全国ナンバーワンの層の厚さを見せつけ、センバツ切符を手にした。

 レギュラーポジションを争う清水とは、投手陣について常に語り合うようになっていた。「この投手を生かすにはどうすべきか」「どうリードしたほうが投手はやりやすいか」......。ブルペンでともに改善策を話し合っているうちに、いつしか同じ捕手としての連帯感が生まれていた。吉安は「ライバルというより、一緒に戦ってきた仲間ですね」と胸を張る。

◆大阪桐蔭の応援団長がまさかのドラフト候補へ>>

 甲子園では藤江、松浦を好リードしてチームを勝利に導いた。だが、手柄を独り占めするつもりはない。吉安は強い口調で言った。

「藤江と松浦をどうやってリードすれば勝てるかを一緒に考えてきたので、清水がいなかったらこの試合はないと思っています」

 今後は大学に進み、4年後のプロ入りを目指すという。念のため、「大学でも捕手を続けますか?」と確認すると、吉安は強くうなずいた。

「もちろん、捕手として勝負します」

 大一番をくぐり抜けた捕手は、また一段とたくましさを増していた。

関連記事