2020.08.17

スカウト「ここまで伸びるか!」。
智弁和歌山・小林樹斗が自己最速を次々更新

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 昨年夏、甲子園で投げ合い、目標としている奥川を意識したフォームのように見えるが、小林の見つめる先はまた別のところにある。

「150キロは目標にしてきましたが、チームがどう勝てるかを考えながら投げることが大事。これからもその気持ちを忘れないようにしたいです」

 宿敵・市和歌山を倒し、4年連続で夏の和歌山を制した。決勝の初芝橋本戦で小林は、またしても自己最速となる152キロをマークするなど、心身とも万全の状態で8月17日の甲子園交流試合に臨む。尽誠学園(香川)との試合で、最高のピッチングを誓う。

関連記事