2020.08.13

前代未聞!公式戦初出場が甲子園。
加藤学園1年は「忍者」に似ていた

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大舞台でのいきなりのミス。太田は「正直言って、すぐには気分の切り替えはできてませんでした」と明かす。だが、そこで加藤学園の掲げるテーマを思い出した。

「『来た球に気持ちを込めて』というチームのテーマがあったので、それを意識してちょっとでも切り替えました」

 その直後、4番・八方悠介(やかた・ゆうすけ)の放った打球は三遊間に飛んだ。ショートにとっては二塁走者が目の前をさえぎり、通り過ぎた後に打球が視界に入ってくる非常に難しいプレー。だが、太田はゴロをガッチリと抑え、二塁ベースカバーに入った大村へスナップスロー。大村が一塁に転送して、ダブルプレーが完成した。

 試合後に「打球は見えていたのですか?」と聞くと、太田は「見づらかったんですけど」と言って、こう続けた。

「野球の神様が自分に味方してくれたのかなと思います」

 太田は幸運だったと振り返るが、シートノックの時点で能力の片鱗を見せていた。第2試合で多少荒れた足場にもかかわらず、太田はどんなに難しいバウンドでも、とにかくボールをこぼさなかった。この捕球能力と執着心があるからこそ、背番号6を託されたのだろう。

「甲子園交流試合」注目のスラッガー10人 >>

 その後は、何をやってもうまくいった。打撃では鹿児島城西の注目右腕・八方に対して、1打席目から四球、三塁打、二塁打。打球が強風に流されたり、外野手が後逸したりする幸運にも恵まれた。8回裏一死三塁のチャンスで回ってきた4打席目はサードゴロに倒れ、三塁ランナーが本塁で憤死。それでも、直後に太田が二塁への盗塁に成功。続く2番・杉山尊(たける)のランニング本塁打で生還した。

 守備では8回表に三塁線の小飛球を好捕し、そのまま回転レシーブのように転がった。いつしか、太田のユニホームは胸の「KATOH」のロゴが見えなくなるほど甲子園の土で汚れていた。

 なんてエネルギッシュに、楽しそうにプレーする選手なのだろう。そんな印象を本人に伝えると、こんな答えが返ってきた。

「楽しむしかなくて......。そう決めていましたし、みんな楽しんでやれと監督さんから言われて、悔いのないようにやりました」