2020.08.06

公式戦3イニングでドラフト候補。
シャピロマシュー一郎は「ロマンの塊」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

済美出身ティモンディが語る「野球部あるある」 >>

 公式戦通算3イニング。それが、シャピロが高校3年間に残した実績である。練習量も少なく、技術も拙い。それは本人も認識している。それでも、プロに行く意志だけは揺るがない。

 シャピロにプロへの思いを尋ねると、急に口調が強くなった。

「実績をあげたらプロに行けるというのが通例だと思うんですけど、僕は高校に入学した時から何が何でもプロに行きたいという気持ちを持っていました。たしかに公式戦で何も結果を残していないので、周りが納得してくれるのかわからないですけど、僕自身はそんなことを気にしていられないので。プロで活躍したいという思いが強いです」

 シャピロの受け答えはどことなく気だるい雰囲気ではあるものの、理路整然としている。ジャーナリストの父から受けた影響なのだろうか。自分の思いを自分の言葉で伝えられる、思考力の高さを感じた。

 そして、シャピロは自分の可能性を信じている。登板機会が少なく、実績も乏しい高校球児としては異例のように思えた。そんな印象を伝えると、シャピロは淡々とこう答えた。

「日々、監督から『自分を信じないと始まらない』と言われています。両親からも『最後まであきらめるな』と言われています。それは感謝ですね」

 國學院栃木の柄目直人(つかのめ・なおと)監督は、シャピロが入学してきた時から「日本を背負っていく選手だ」と直感したという。

「成長痛で練習できなくても、焦りはまったくありませんでした。高校野球で間に合わなくても、次のステージにつながることを意識していました」

 そして、練習できない時期が長くてもシャピロは高校で大きく進化したと柄目監督は証言する。 

「何よりも人間的な部分は大人に成長してくれました。ウチの学校はラグビー部や柔道部も全国クラスなのですが、そんなクラスメイトから刺激を受けて野球部員はみんな育っています。シャピロは野球をしなくてもうまくなることを証明してくれました」