2020.07.17

奈良の2強、天理と智弁学園を追うライバル勢。台風の目は進学校か

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 昨秋県優勝の智弁学園も選手層の厚さで負けていない。昨夏の甲子園マウンドを経験した左腕・西村王雅(おうが)と右腕・小畠一心(いっしん)の世代屈指の2年生コンビに期待がかかる。

 マウンドを分け合った昨秋は、初めてエースナンバーを背負った西村の制球力が徐々に安定。スライダー、チェンジアップ、カットボールなど変化球も多彩で、この夏はその引き出しを生かし切れるか見ものだ。小畠は、185センチ85キロの巨体をもつパワーピッチャー。最速143キロのストレートで押しながら、スライダー、フォークを織り交ぜる投球スタイルだ。

 打線は、昨夏の甲子園で1年生ながら4番を務めた左の強打者・前川右京(うきょう)を中心に強力だ。新チームから1番を務めている主将の白石陸、パンチ力のある三田智也、得点圏打率の高い山下陽輔と、雰囲気をもった打者が並ぶ。

 奈良大付は強肩捕手・山本陸の存在感が大きい。主に一塁手を務めた1年生の秋から中軸を任され、その卓越した長打力は目を見張るものがある。「本番に強い」と指導スタッフ陣からも信頼される右のスラッガーは、今秋のドラフト候補に名前が挙がる。

 エース左腕の矢野一希は速球とスライダー、カーブの緩急をうまく使って丁寧に投げる。後に控える2年生のサイドスロー右腕の二宮知也は今後さらなる成長が見込まれ、おもしろい存在だ。