2020.07.17

福井はプロ注目右腕がいる敦賀気比が中心。未完の大器も伸び盛りだ

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 福井商は、坂井(前・春江工)で監督として2度の甲子園出場経験がある川村忠義氏が今春、監督に就任した。1年生の秋からエースを務める右腕・奥村開のストレートにはキレがあり、豊富な経験も投球に厚みを生む。玉村大季らパワーのある打者がそろい、投打でバランスが取れている。

 金津は左腕の藤田貴志が楽しみな存在だ。130キロ台の直球と変化球の緩急をうまく使い、2年生とは思えない冷静なマウンドさばきを見せる。昨年、好左腕・玉村昇悟(現・広島)が躍動した丹生(にゅう)は、玉村のエース番号を受け継いだ右腕・伊藤秀太郎が大きく成長。140キロ近い速球を武器に、昨夏県準優勝の先輩の背中を追う。羽水(うすい)には鳥山優太郎ら巧打者が多く、打線に迫力がある。

関連記事