2020.07.17

福井はプロ注目右腕がいる敦賀気比が中心。未完の大器も伸び盛りだ

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 女房役の大上岳人は強肩捕手で、一発もある強打者。1年秋からレギュラーで、小柄ながら長打力はチームでトップクラスの浅里友輝らパワーヒッターが多い。

 昨春センバツに出場した啓新は、エース右腕・倉橋瞳人(どうじん)のピッチングが見ものだ。140キロ台の速球を軸にキレ味鋭い変化球を織り交ぜて勝負する。昨年のセンバツで4番を打った竹原翔は、攻守に成長を感じさせる。幸鉢悠樹、山沢太陽の二遊間の守備は鉄壁だ。甲子園を経験した野手が多く、戦力は充実している。

 北陸は大型内野手・水町達哉のひと振りに期待がかかる。188センチ、94キロの恵まれた体型で飛ばす打球は破壊力十分。県内屈指の進学校である藤島の宇野裕心もスイングに力がある。

 今春センバツの北信越地区21世紀枠候補になった敦賀もおもしろい。昨秋県大会は準優勝し、北信越大会でも1勝を上げたが、エース左腕の久米遼の活躍が目立った。また、130キロ台後半のストレートを中心に、テンポ良く投げ込む同じく左腕の広川竜太郎もいる。両左腕とバッテリーを組む細川琉羽(りゅうは)は、昨秋の北信越大会の星稜(石川)戦でアーチを放つなど力があり、主将としての信頼も厚い。

 坂井には小柄ながら長打力のある右投左打の山口信太がいる。遊撃手としても華麗なグラブさばきを見せ、攻守ともにまとまっている。山口と同じく前チームからのレギュラーの選手も多く、勝負強さが光る。