2020.07.17

右のパワーヒッター揃う今年の島根。
石見智翠館は140キロカルテット完成

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 攻撃型の捕手の筆頭格が波田野ならば、ディフェンス面で頭ひとつ抜けているのが、立正大淞南の谷川唯人(ゆいと)。最大の武器は、地肩頼みではなく、スムーズな足運びで投じる二塁スローイング。低い球筋で伸びていくボールの質と左右高低のブレの少なさは一級品だ。

 攻守両方の能力が揃うバランス型の捕手では、出雲西の石飛智洋と矢上の高村凌央の2人を挙げておきたい。配球面やストッピングなどに課題を残すものの、目を見張る強肩を持つ益田東の橋本爽汰と三刀屋の岡田歩大(あゆと)には、"一芸"的な魅力あり。

 その他の右打者では、高めの速球も被せて長打にできる石見智翠館の南斗真(とうま)、昨夏、松江市営野球場の右中間スタンドにライナーで本塁打を突き刺した安来の木戸駿太(はやた)、出雲の小柄な安打製造機・青木幹太、走攻守に溢れるスピード感だけでなく、試合の流れを掴む嗅覚も優れた平田の保科陽太(ひなた)、軽快な足さばきで打球に追いつく大社の好遊撃手・澤尾兆治(ちょうじ)が有力な存在だ。

 左打者では、中距離ヒッターだが、昨夏の決勝の9回にライトポール際への同点弾を放つなど、ツボに来たときのパンチ力と「ここぞ」の場面で結果を残す勝負根性に魅力が溢れる開星の内藤叶夢(かなむ)、速球にも振り負けないスラッガータイプの大社の福間卓(たく)、三拍子タイプの石見智翠館の河本響(かわもと・ひびき)、ネクストでの素振りの段階から集中力全開で相手投手と勝負していける島根中央の浅野秀平らにも期待したい。

 来年の活躍も楽しみな2年生では、立正大淞南の左の巧打者・藤田大吾、1年夏の甲子園でも際立っていた小気味のいい攻守に力強さも加わってきた石見智翠館の関山和(なごみ)、現時点でも県上位レベルの遊撃守備を見せる矢上の秋田成輝(せいき)など1年時から主軸を張る3人をチェックしておきたい。

関連記事