2020.07.16

滋賀の注目は近江の世代屈指の遊撃手。伊香、瀬田工にはドラフト候補の好投手も

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 八幡商は左の巧打者・竹島楓斗(かざと)の評判が高い。伝統校で下級生時からレギュラーをつかんだ逸材で、相手チームを揺さぶる俊足が武器だ。エース右腕の堀晃大は、緩急を上手に使ったピッチングで凡打の山を築く。

 昨夏県大会8強の近江兄弟社は、左打ちの大橋青宙らを中心に強打者・巧打者が並ぶ。彦根翔西館は、前チームからマスクをかぶる捕手の北村龍之介が攻守を盛り立てる。水口東の身長185センチ左腕・竹嶋大星も将来性がある投手だ。  

関連記事