2020.07.16

剛腕、実績ゼロ、野手から投手転向…
セガサミー「高卒三本柱」が面白い

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 センバツ帰りの春の九州大会、投手陣の層を厚くするために先発起用された飯田は、いきなりの登板にもかかわらず富島(宮崎)を1失点に抑え完投勝利を収める。この試合で自信をつけた飯田は「プロに行きたい」という思いを強く抱くようになる。

 高校3年時には最速147キロを計測。だが、3年夏は長崎大会3回戦で敗れ、大きなアピールができなかった。社会人で3年鍛え、再びプロを目指したいと考えたところでセガサミーへの入社の話が進んでいった。

 社会人野球で驚いたことを聞くと、飯田は「社員さんがすごく応援してくれること」と答えた。セガサミーの野球部員は野球中心の生活になるが、職場に行けば同僚から「頑張ってくれよ!」と激励を受ける。昨年、社会人野球最高峰の舞台である都市対抗野球大会の東京予選で敗れた際、飯田は「熱い応援をしてくださったのに申し訳なくて、会社に行くのが怖かった」と振り返る。

 飯田は身長178センチ、体重82キロととりたてて大柄なわけではない。だが、高いリリースポイントから投げ下ろす投球フォームを売りにする。

「角度はみんなより高いので、意識して持ち味にしたいと考えています」

 ボールに強烈な縦回転をかけ、変化球も縦変化のフォークやカーブを有効に使う。それが飯田のピッチングスタイルである。

 だが、角度を武器にする投手は、えてしてボールが抜けやすい。飯田も同様の傾向があり、時に球筋が暴れる。それでも、飯田は「コントロールが悪い」と見られることに抵抗を覚える。

「ボール球が多い自分が悪いんですけど、『ボールが多い』と言われてもしょうがないと思ってしまうんです。ボール球を減らすための、体のバランスをよくするアドバイスをいただけるなら、まだわかるんですけどね」

 サッカーボールで遠投し、体を大きく使って投げる練習や、投球に必要な動作をメディシンボールで反復するなど、努力はしている。だが、「試合になると空回ってしまう」という昨年までの飯田は、首脳陣からの信頼を得られなかった。