2020.07.16

剛腕、実績ゼロ、野手から投手転向…
セガサミー「高卒三本柱」が面白い

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

「社会人をなめていた部分があって、アウト一つとるのがこんなに難しいのかと感じました。高校生なら簡単に振ってもらえた変化球が、社会人では反応もしてもらえない。社会人のバッターを抑えられなければ、プロに行っても通用しない。社会人に来て正解だと感じました」

 1年目はストレートでしかストライクを取れず、2年目は変化球で多少ストライクが取れるようになった。そして3年目、森井は「強いストレート」を求めている。

「以前の自分のストレートは回転数が2200くらいで、空振りを取れる球質ではなかったんです。ウエイトトレーニングを一からやり直して、バケツに入れた米を研いで右手の握力を上げました。あとはリリースする瞬間だけ力を入れる『脱力』の感覚を磨いてきました」

 ブルペンで投球を受けてくれた捕手や、対戦した打者から「本当にボールが強くなったね」と言われ、手応えを深めている。

 森井は表情を変えずに、淡々と自分の決意を述べた。

「プロに行くのが目標ではなくて、プロでローテーションを年間守るのが目標です」

 森井と同期入社の飯田は、ここまで公式戦での登板がほとんどない。だが、「セガサミーの飯田がいいらしい」という評判はじわじわと広まりつつある。

 本人に聞くと、「そうですか?」と複雑そうな笑みを浮かべた。

「自分では実感してるわけではないんですけど、『成長したね』とは言われます」

 どうも周囲の評価に納得していない様子に見えたため、突っ込んで探りを入れると、どうやら飯田のなかでは以前から「自分に自信はあった」ということらしい。

 長崎県佐世保市で生まれ、中学から海星中へ。海星高では2年春の選抜高校野球大会(センバツ)に出場したものの、当時は控えの外野手だった。

「1年夏に腰椎分離症になって、2年春はバッティングで結果を残したので甲子園のベンチ入りメンバーに入れてもらったんです」