2020.07.16

「群馬2強」は圧倒的戦力。
プロ注目や全国クラスの選手が揃っている

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 この"2強"に続くのが、昨年秋の群馬大会を制した桐生一。中島優月と広瀬智也は超高校級のパワーを誇る右のスラッガーで、"2強"が誇るサウスポーたちにどう立ち向かっていくのか。高校生の域を超えた力勝負が見られそうだ。

 今年の群馬には、現時点の評価よりも将来性に期待をかけたくなる選手が数多くいる。

 筆頭は、安中総合学園の清水惇(じゅん)。身長は170センチながら、ボールがホップするような生命力のある快速球を投げる本格派右腕だ。スライダーのキレも一級品で、投げっぷりのよさも魅力いっぱい。打者のタイミングを外すことに興味が出てくれば、さらに勝てる投手になるはずだ。

 ほかにも、181センチから角度あるボールを投げ込む高崎商の右腕・原田翔太、小柄でもスピンの効いたストレートをテンポよく投げ込む伊勢崎清明の加川航平も注目の投手だ。

 捕手なら、昨年夏1年生ながら正捕手に抜擢された高崎商の渡辺克紘(かつひろ)、強肩・強打の桐生市商の宮沢寛人が光る。

 野手なら、伊勢崎清明の長瀬晴人、館林商工の松沢悠大、東農大二の伊藤琉偉の3人は大型遊撃手で、パンチ力あるバッティングも魅力だ。長距離砲では、桐生市商の石田岳、渋川青翠の村田潤も見逃せない。

関連記事