2020.07.15

都城東の好右腕は「男気直球勝負」連発。
宮崎は捕手も当たり年!

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kyodo News

 二塁送球1.8秒台のタイムもさることながら、正確なコントロール、一直線に伸びていく軌道は一見の価値あり。あるスカウトは「投手としての可能性を感じる。打者の手元に向かって伸びていく球質は、本職の投手でもなかなか持ちあわせていない」と評価するほど。

「打てる捕手」なら、日向学院の曽我幸大が筆頭格だ。1年夏から正捕手としてマスクを被る曽我の売りは長打力。昨年夏の県大会で2本塁打を放ち、秋には都城東の有馬からも2発。うち1本は右中間スタンドに叩き込んだ"飛ばし屋"だ。

 2年生捕手なら宮崎日大の大山和泉。視野の広さを生かし、多彩な投手陣を巧みにリードする。

 延岡学園の正捕手・吉村諒人も注目のひとり。中軸を任されるだけあって勝負強さはピカイチで、パワーだけでなく状況に応じたバッティングもできる器用さがある。

 延岡学園は吉村だけでなく、好素材の選手が揃う。投手は、140キロ台中盤のストレートが武器の本格派右腕・興梠奨英(こうろぎ・しょうえい)、ゲームメイクに定評がある2年生左腕の須藤綺梨(きり)、縦横2種類のスライダーを自在に操る2年生右腕の市原大輔とバラエティに富む。

 野手も、河野哲大、押川雄太郎の中軸は一発を秘める強打者で、吉村を加えたクリーンアップは県内屈指の破壊力を持つ。

 日南学園の辰嶋優は183センチ、77キロの大型左腕で、最速は135キロだが打者の手元で加速するストレートは威力十分。昨年秋に疲労骨折した腰の具合がどこまで回復しているか気になるところだが、万全の状態で最後の夏を戦ってほしい。

 日南学園の野手では、193センチの台湾からの留学生・林冠臣と180センチの岩切光輝のふたりにも注目が集まる。林は長打力に加え、俊足も魅力。岩切は勝負強さと確実性を兼ね備えた強打者だ。

 ほかにも、小林西の照喜名洸希(てるきな・こうき)、都城商の岡原大晟、都城の山脇颯真の3人もストレートが魅力の本格派右腕だ。

関連記事