2020.07.11

徳島はハードパンチャーの宝庫。
池田高校の右腕は1番打者でも活躍

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

昨年夏に甲子園出場を果たした鳴門の藤中壮太 野手で注目度が高いのは、昨夏王者の鳴門の強打者・藤中壮太。すり足でタイミングを計り、呼び込んで弾き返す打撃は一級品で、「6番・三塁」でスタメン出場した昨夏の甲子園初戦では、初回二死満塁で走者一掃の左越え三塁打。170センチに満たない小柄な体格をハンデに感じさせない、力強さと勝負勘が頼もしい。

 左打者では、昨秋県3位で四国大会に出場した城東の森本夢叶(ゆうと)は要チェック。四国大会初戦では、ドラフト候補にも挙げられる大手前高松(香川)の本格派右腕・内田悠太からマルチ安打。昨冬の記録会ではベースランニングでトップ10入りするなど、俊足も見逃せない。今夏も鮮やかなバットさばきとスピード感溢れる走塁を見せてほしい。

 4番として昨秋の県準優勝に貢献した川島の藤田涼仁(りょうと)は、右のハードパンチャー。1番打者としてチームを引っ張る生光学園の浜田楓太(ふうた)の俊足巧打ぶりも楽しみだ。生光学園では、遊撃手の千田祥及(せんだ・よしちか)が見せる強く、安定したスローイングも必見。

 井上力監督が「努力家で責任感がある」と信頼を寄せる池田の中心打者・枡田洸(こう)も集大成の夏に積み上げたものを出し切ってほしい。

 下級生では、投手なら強心臓の長身右腕である城東の高木太陽、野手では高い身体能力をプレーに反映させている池田の平岡大和が気になる存在だ。

関連記事