2020.07.11

白樺学園・片山を筆頭に好投手多数。
将来プロ候補の「隠し玉」も3人いる

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 隠し玉をもうひとり。道東にある別海に西川瑠恩(りゅうおん)という左腕がいる。どっしりした体重移動と柔らかい腕の振りから右打者の懐に飛び込んでくるクロスファイアーは秀逸。甲子園球場と同サイズのグラウンドですくすくと育てられた左腕の可能性は、まだまだ広がっている。

 捕手では釧路工業の高橋和平。長打力があって、足もあって、さらに強肩という万能型捕手で、グラウンドでの存在感はハンパない。

 南北海道には、苫小牧中央の左腕・根本悠楓(はるか)と駒大苫小牧の右腕・北嶋洸太という攻略困難な投手が立ちはだかる。

 根本は中学時代に軟式の全国大会で優勝した経歴を持ち、微妙に変化するクセ球にスピートが加わり、なんとも打ちにくい投手となった。

 北嶋は、球速は140キロ前半だが、見た目以上の球威で相手打者を押し込む。そのストレートと同じ軌道からキュッと曲がるスライダーは秀逸。芯でとらえるのが難しい投手だ。

 個人的に楽しみにしているのが、札幌光星の武田悠聖という184センチの大型右腕。ブルペンでの投球しか見ていないが、ボディバランス抜群のフォームから豪快なオーバーハンドで放たれるボールは迫力満点。きっかけをつかめば、一気にブレイク......そんな期待さえ感じさせてくれる投手だ。

 野手では、昨年秋の北海道大会準Vの札幌日大の明田圭喬(あけた・けいすけ)の勝負強さや、札幌第一の外野手・金野颯汰の長打力は定評がある。また2年生ながら北海の遊撃手・宮下朝陽(あさひ)のスケール感たっぷりのプレーにも注目したい。毎年、好素材が集まる北海で1年夏から4番に抜擢された確かなセンスと高い技術力は必見。大物になりそうな雰囲気が漂っている。

関連記事