2020.07.10

元プロ野球選手・佐々木誠が指導。鹿児島城西の右腕コンビがすごい

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kyodo News

 部員60名と、公立校では県内最多の部員数を誇る離島の高校・大島は、なかなかのタレントぞろいだ。藤崎右京は、キレ味鋭い最速135キロの直球が自慢のエース左腕。攻守でチームの大黒柱を務める捕手の藤本涼也、前チームから鉄壁の二遊間を形成する田中航都(こうと)、国塚耕介らによる長短打の波状攻撃は相手チームにとって厄介だろう。

 れいめいのクリーンナップにも注目したい。三番・赤尾颯太は飛ばす力、四番・花田清志、五番・宝満達哉はともに長短打を打ち分ける技術力の高さがある。湯田太監督が「打撃力ならどこにも負けない自信がある」と胸を張る。

 秋以降も見据えると、長い腕と脚をしならせてキレのあるボールを叩き込む樟南の西田恒河(こうが)や、スライダーとチェンジアップを巧みに操る鹿屋中央の折尾凛の両2年生左腕は見逃せない存在だ。昨秋の初戦で9回二死まで無安打無得点を続けた池田の三嶽(みたけ)空、カットボールのキレが武器の鹿屋工の坂之上幸遥のブレイクも楽しみだ。

 鹿児島を舞台に予定されていた今年の国民体育大会(国体)が年内の開催を断念し、肩を落とす高校野球関係者も多かった。多くのチームが数年前から国体世代を意識しながら選手強化を推し進めていたからだ。甲子園とともに二重の目標を失った選手たちが、夏の独自大会で、すばらしいパフォーマンスを発揮してくれることを心から願う。

関連記事