2020.07.10

元プロ野球選手・佐々木誠が指導。鹿児島城西の右腕コンビがすごい

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Kyodo News

 昨夏甲子園でエースとして先発マウンドに立った田中瞬太朗は、高い制球力と常時130キロ台後半の直球が魅力の右腕。今季やや調整が遅れているようだが、経験値に裏打ちされた安定感は豊富な投手陣の中でも随一だ。

 中川武海(たけみ)は球速140キロを超えてきた。甲子園では田中をリリーフする形でマウンドに上がったが、手痛い1失点を喫し、悔しさを味わった。「自分が打たれていなければ負けなかった」と言って流した涙も、今夏を戦う力に変えているに違いない。

 また、神村学園のタレント打線の中軸を任されている井上幹太が覚醒中だ。183センチ、90キロの大きな体をフルに生かす打撃力が特徴で、小田大介監督もその「飛ばす力」に一目置いている様子。「相手投手のレベルが高ければ高いほど、闘争心に火がつくタイプ」(井上)と自覚するだけあり、注目対決では無類の強さを発揮する。昨秋には鹿児島城西、八方のチェンジアップを完璧にとらえ、右中間スタンドに叩き込んだ。

 U-15日本代表選手として鳴り物入りで高校球界に乗り込んだ鹿児島実の高田隼之介も最終学年を迎える。130キロ台でも十分に球威を感じる独特の球質と、経験から来る投球術が持ち味の180センチ右腕。秋は肘を痛めて登板を回避したが、打者として勝負強さを発揮しチームに貢献。この夏は投手としても納得のできる最後を迎えてほしいところだ。

 昨秋の県内タイトルを総なめにした鹿児島実だが、そのエースを張ったのは、安定した制球力でゲームメークに定評のある右腕の加島優太。左腕の森重温季も130キロ台後半の直球が猛々(たけだけ)しい。投手陣をコントロールするのが、こちらもU-15日本代表捕手を経験した2年の城下拡(ひろむ)。鉄砲肩と好リードで、入学直後の九州大会から正捕手に座る扇の要は、中軸打者としても期待されている。