2020.07.10

スカウト注目の逸材がそろう仙台育英。打倒に燃える有力校の実力は?

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan Sports

 そして、東北の小熊慎之介と佐藤琉河(りゅうが)は打撃センスが光る。小熊は、長打力と、遊撃手としての安定した守備力が高い評価を得る。佐藤は182センチの大型捕手で、二塁送球は2秒を切る強肩の持ち主。思い切りのいい打撃にも定評がある。

 東北は昨秋の地区予選、県大会ともに仙台育英にサヨナラ負けを食らった。小熊、佐藤を中心としたチームは、打倒・仙台育英に燃えている。

関連記事