2020.07.09

鳥取に190センチの規格外遊撃手。
投手もこなし高卒プロ入りを狙う

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

 阪上とエースの座を争い続けた右腕陣も好素材が揃う。中国大会で背番号1を奪取した松村亮汰は最速140キロ超。ストレート同等の強さで腕を振って投じる縦のスライダーのキレも強烈だ。秋の段階で最速145キロを叩き出した中川央(ひろき)の馬力も見逃せない。

 昨夏、甲子園のマウンドも経験した米子東の土岐尚史(とき・なおふみ)もグングン成長中。入学以来根気強く続けてきた柔軟性向上だけでなく、昨夏から現在までに体重6キロの増量に成功(昨夏は180センチ、81キロ)。パワーが数段アップし、ストレートの最速は142キロに到達した。強心臓のマウンドさばきを含めて、県内の左投手では頭ひとつ抜けた感がある。

 倉吉総合産のエース右腕・高嶋悠(ひさし)もオフを経て急成長したひとり。秋はチェンジアップを効果的に使うテクニックタイプだったが、山陽の強豪校との合同練習で学んだトレーニングをやり込み、最速140キロ越え目前まで球威を向上させている。

 ボールに強さが出てきたことで、制球力の高さとテンポのよさが際立ってきた桑本達(たつし)と、180センチ超の長身から投げ下ろす福庭尊龍(ふくば・たける)の倉吉東のダブル右腕、ストレートの威力は県上位クラスの鳥取商の山根脩(しゅう)、強打線相手でも集中力を切らさずに粘りのゲームメイクができる境の千種邑斗(ちぐさ・ゆうと)も忘れてはならない存在。公式戦での結果には恵まれていないものの、米子西の左腕・綿邉亮介が投げ込むストレートは力強い。

 低めのキャッチングとストッピングを猛練習してきた米子東の長尾駿弥(しゅんや)、動きにスピード感のある鳥取西の塩慶大、下級生時代から正捕手として経験を重ねた倉吉北の福丸聖悟、インサイドワークから視野の広さがにじみ出ている倉吉総合産の日野涼太郎ら、投手を盛り立てる好捕手たちのプレーも夏を彩ってくれるはずだ。

関連記事