2020.07.08

秋田にドラフト候補の右腕トリオあり。
大型長距離砲2人も見逃せない

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan sports

 大曲の田仲陽稀(はるき)も才能豊かな右腕だ。130キロ台後半の速球とスライダーが投球の軸。昨秋の県大会初戦で金足農業を相手に12奪三振を記録した。

 打者は、長距離砲の2人に注目したい。

 まず、昨春県大会で準優勝、昨夏県大会で4強と安定した戦績を残してきた能代の主砲・小林日出(ひづる)。身長184センチ、体重90キロ台のパワーヒッターで、全チームから主軸として活躍してきた。小林は力強いスイングが持ち味で、今年に入り確実性も増し打撃の質を上げている。

 花輪の阿部祐希は、強肩捕手としても注目される長距離砲。身長182センチの恵まれた体を活かした力強い打撃は県内指折りで、今季初戦となった十和田との練習試合ではサイクルヒットを記録。冬を越えて磨きのかかった打撃でチームを牽引している。

 そのほか期待がかかるのは捕手と投手の"二刀流"で活躍する由利の佐藤哲矢。打っては四番を務め、昨秋は同校初となる県4強の立役者となった。投げては、130キロ台後半のストレートを投げ込む右腕として注目が集まる。