2020.07.04

福岡にドラ1候補の超大器。
プロスカウトも「スケールが違う」と大絶賛

  • 加来慶祐●文 text by Kaku Keisuke
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 福工大城東の誉田貴之も二塁送球1.8秒台の強肩で、捕手としての守備力も高く評価されている。バッティングについては成長の余地があるが、昨年秋の福岡大会準決勝で左中間に特大の一発を放ち、パンチ力をアピール。これからが楽しみな選手だ。

 完成度の高さでは、九州国際大付の酒井教平も県内上位の実力を誇る。140キロ台のストレートと球速差のある2種類のスライダーを使い分け、相手打者を翻弄する。

 その酒井とバッテリーを組む井上堅心は、宮崎西部ボーイズ時代にNOMOジャパンの一員として世界と戦った実績を持つ。精度の高い送球はとても2年生とは思えないレベルにある。

 このほかにも、昨年夏の福岡大会で投打に活躍した193センチの長身右腕、小倉の吉川晴朝、昨年甲子園に出場した筑陽学園の大型遊撃手・中村敢晴(かんせい)、サイドスローから独特のクセ球でゴロアウトの山を築く宗像の中村浩輝、昨年秋の福岡大会で好投した八幡南の浜本建など、彼らが最後の夏にどんな活躍を見せてくれるのか注目だ。

関連記事