2020.06.14

奥川恭伸との投げ合いで大注目。
遊学館・高田は最後の打倒・星稜に挑む

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 ピッチャー心理として、奥川から三振を奪って少しでもダメージを与えたかったが、目論見は外れた。とはいえ、遊学館は5回、6回の攻撃でいずれもスコアリングポジションにランナーを進めたが、無得点に終わっている。だからこそ、「あの場面で三振が取れていたら」と高田は悔やむのだ。1点の重みをこれほど実感した試合はなかった。

「相手投手が奥川さんですし、1点がすごく重かった。いくら打線に自信があっても、いい投手からはなかなか打てないです。それに、初めて夏にエース番号を背負わせてもらったのに、自分が先発じゃなかったのは力がなかったから......」

 その結果を踏まえて秋の星稜との再戦について触れると、高田の口はさらに重くなった。

 昨年秋、遊学館は石川大会準々決勝で再び星稜と対戦し、高田は先発マウンドを任された。勝てば北信越大会出場の大一番だったが、4回途中までに3安打7四球と荒れ、6失点でマウンドを降りた。試合も1−10(7回コールド)で敗れ、その時点で翌春のセンバツ出場は絶望となった。

「勝ちたいという気持ちが強すぎて、空回りしてしまいました。緊張もあったんですけど、それを自分で抑えられなかった」

 冬は追い込むための貴重な時間だったが、股関節を痛めた影響で走るメニューはこなせなかった。その代わり、上半身トレーニングに力を入れ、食トレも敢行した。