2020.06.14

奥川恭伸との投げ合いで大注目。
遊学館・高田は最後の打倒・星稜に挑む

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sawai Fumi

 高田は躍動感のあるフォームからキレのあるストレート、変化球で星稜の好打者たちを面白いように打ち取っていく。結局、試合は1−2で敗れたが、高田は6回1/3を投げて無失点。許した安打はわずか1本で、外野に打球が飛んだのも3本しかなかった。

 だが高田は好投したにもかかわらず、冷静に結果を受け止めていた。

「結果的に0点でしたが、自分としてはたまたま抑えられたという感じです。点差もほとんどなかったので、自分が抑えれば勝てると思っていました。ただ......自分が『ここぞ!』という場面で三振を取っていたら、流れが変わって攻撃につなげられたかもしれません。野手に助けられた場面も多かったですし......。でも、あの試合は奥川さんと投げ合えて、とても楽しかったです」

 あの試合、高田は忘れられないシーンがあるという。5回表、二死走者なしの場面で奥川を打席に迎えた時だ。

「登板してからまだヒットを打たれていなかったし、相手が奥川さんなのでどうしても三振を取りたかったんです。でも、4球目に大きなファウルを打たれて『やばいな』と思って。結果はキャッチャーへのファウルフライだったのですが、あそこで三振を取れていたら......と思うんです」