2020.06.13

超絶守備の近江・土田龍空。甲子園に
残した「忘れ物」はプロの舞台で取り戻す

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 だが、そんな土田にも心配な出来事が起きた。昨夏の甲子園初戦、東海大相模(神奈川)との好カードで土田は手痛いミスを犯してしまった。

 0対0で迎えた4回表、二死二塁の場面。東海大相模の金城飛龍(現・東海大)が放った打球は、力なくショートの前に転がった。土田は打球に対して前に出て、3バウンド目で抑えようとグラブを差し出した。ところが、「思ったより跳ねなかった」という打球は土田のグラブをすり抜け、レフトへと抜けていく。スタートを切っていた二塁ランナーが生還し、近江は先取点を許してしまった。

「普段なら前に出ずに待って捕っていた打球なんですけど、その前(3回表)に待って捕ろうとしてエラーしたことも頭に残っていて、自分のプレーができませんでした」

 その夏、近江は滋賀大会5試合を通じてノーエラーだった。だが、この東海大相模戦では土田の2失策をはじめ6失策と守備が崩れた。土田は「この日はガチガチに集中しすぎて、逆に周りが見えなくて遊び心も持てなかった」と振り返る。

 近江の技巧派左腕・林優樹(現・西濃運輸)は東海大相模打線を被安打6、自責点1と封じながら、失点は6に膨らんだ。試合は1対6とやや一方的な展開になり、近江は初戦で甲子園を去ったのだった。

 試合後の囲み取材で、土田は「自分のミスからチームが崩れてしまったので、3年生には本当に申し訳ないです」と語っている。