2020.06.13

超絶守備の近江・土田龍空。甲子園に
残した「忘れ物」はプロの舞台で取り戻す

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 打球を受け終わった直後、なぜか空を見上げて「ふぅ」とけだるそうに息を吐くこともあった。この選手には、「指導者に怒られるかもしれない」という小市民的な発想がないのだろう。いつかじっくりと、土田の話を聞いてみたいと思った。

「『軽く見える』ってよく言われます。『懸命にやってるように見えへん』って」

 リモートインタビューに応えてくれた土田は、まずそう告白した。上記のような守備に対する感想を述べると、土田は「チャラい感じすか?」と返してきた。その回答自体が軽くて、思わず吹き出してしまった。

 土田の野球の原点は少年野球チームのコーチをしていた父・孝則さんとの練習にある。孝則さんは龍空少年に対して、時にはおびえさせるほど厳しく指導したそうだが、少年野球の試合ではこんなアドバイスを送ったという。

「公園で野球している感覚でやれよ!」

 土田はこの父の教えを忠実に守ってきたのかもしれない。土田に守備中の過ごし方を聞くと、驚くべき回答が返ってきた。

「集中するのはピッチャーが投げる瞬間だけで、あとは応援歌に合わせて歌ったり、リラックスしています」

 この言葉を聞いて、土田龍空というショートに心がときめく理由がわかったような気がした。この選手は、文字どおり、「ゲーム」を楽しんでいるのだ。決してふざけているわけではない。遊び心を忘れずにリラックスしてプレーすることが「真剣」という選手もいる。それが土田なのだ。