2020.06.11

山田哲人がドラ1指名を確実にする一発。
歳内宏明から超技ありの一打だった

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 この感覚こそ、山田の能力の高さを示すものでもあるのだが、そんな山田から一度だけ「僕も考えるところは考えています」とやんわり反論されたことがあった。打者にとってもっとも難しいとされる内角球のさばきについて、「こだわりはあるか?」と聞くと、すぐさま山田は反応した。

「とにかく速く振ること。そこを意識しています」

 あまりにシンプルな答えに拍子抜けしそうになったが、そのシンプルな答えを実践できるのが山田のすごさでもあった。

 小学2年から宝塚リトルで野球を始めた山田に、父が繰り返し言ったのが「とにかく速く振れ」だった。とくに体が大きいわけではなかったが、「速く振ることはできる!」と言われ、山田も「そのことばかり考えていました」と真摯に取り組んだ。

 中学時代に所属した兵庫伊丹(ヤングリーグ)は、打撃練習の多いチームで週4回、900グラムから1キロの竹バットを使いスイングを繰り返す。中学生とはいえかなりの負荷で、スイングするのもひと苦労だ。

 自宅に戻れば父を相手にティー打撃。ここでは3種類の重さのバットを使い分け、速いスイングスピードを体に覚えこませるため、通常より軽いバットも使っていたという。幼少期からの鍛錬により、履正社の3年春にはスイングスピード154キロを叩き出すまで成長していた。