2020.06.09

投手・村田修一が打者専念を決意。
松坂大輔と古木克明との対戦で心境に変化

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Sankei Visual

 この思いが、のちに村田が打者に専念するきっかけになり、奮起するエンジンになった。

 センバツ優勝を飾った横浜の松坂を倒すことを目指した村田は、夏の福岡大会を制し、甲子園出場を決めた。1回戦の相手は、豊田大谷(愛知)。三番打者の古木克明は、前年の甲子園で2打席連続ホームランを放った注目の強打者だった。

 0-0で迎えた5回のピンチ、1アウト二、三塁で古木を打席に迎えた時、ベンチから伝令が来て敬遠の指示が出た。だが、村田は首をタテに振らなかった。

「試合前に『古木と対戦したい』と新聞記者に答えた僕が、敬遠なんかできるはずがない。 『監督に、敬遠しませんと言ってくれ』と伝令を追い返しました。最後の夏だけは意地を通させてもらった」

 マウンドから、監督がベンチで苦笑いするのが見えたという。

 PL学園時代の清原和博の通算本塁打(64本)を超えるために打撃改造をした古木は、予選から不振にあえいでいた。しかし、この場面では彼の馬力が勝った。強く叩きつけた打球が、村田の頭上を越えてセンターに抜けていった。

「頑張って甲子園まで来たんだから、最後は好きにやらせてほしい」という村田の思いは裏目に出てしまった。

 試合は4-6と惜敗。その年のドラフト会議で1位指名を受けることになる松坂と古木に敗れ、村田の高校野球は終わった。