2020.05.02

済美の「オヨヨドォ~ス!」に大苦戦。
芸人ティモンディが「野球留学」を語る

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

「芸能人最速」の呼び声も高い高岸さんは、最速150キロを誇る速球派右腕だった――サンドウィッチマンさんで意気投合したんですか。それが今では事務所(グレープカンパニー)の大先輩ですね。

高岸 サンドウィッチマンさんは「自分たちの力で元気にしたい」というパワーでM-1という大会で優勝して、みんなを勇気づけた。その後の東日本大震災の時も被災地のために笑いを届けましたし、芯の部分が一貫して変わらない。そんな素敵で大好きな方々です。全国ツアーのお手伝いをした時も、どこの会場でもお客さんの顔を見ると元気になっていくのがわかるんです。今は足元にも及びませんけど、ああいう方たちのようになれるように努力したいです。

前田 いつもお世話になっていますし、追いつくというには遠すぎる存在です。でも、あこがれた先輩と一緒に芸能活動をさせてもらっているので、少しでも近づけるように頑張りたいですね。

――ところで、高岸さんは中学時代に軟式クラブでプレーされたそうですね。「軟式出身者は硬式出身者になめられる」という話を聞いたことがあるのですが、高岸さんはどうでしたか?

高岸 まったくなかったですね。

前田 軟式上がりかどうかは、意外とわかりにくかったですね。あと、僕らの代は軟式出身の選手が1年生から活躍したこともあって、僕らの中で「軟式だから下手」というような認識はなかったですね。