2020.04.17

涌井秀章の元女房役が横浜高の監督に。
「練習で泣け、試合で笑え」

  • 大友良行●文 text by Ohtomo Yoshiyuki
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

── 公立と私学の野球の違いとは?

「勢いだけでは試合に勝てません。横高で教わったのは自然体野球。つまり、シンプルに試合に入って、いかに普段どおりの野球ができるか、ということです。白山でもそれは同じ。公立でも私学でもやることは同じです」

── 目指す野球は?

「とにかく選手一人ひとりと向き合う。夏まで時間は少ないですが、そのなかでどれだけ濃くできるか。そうすれば結果はついてくると思います」

 退路を断って身を投じた母校・横浜高で、村田新監督はどんな手腕を見せてくれるのだろうか。名門校として負けられないプレッシャーがのしかかり、周囲の期待も半端ないはず。だが、村田監督が自然体でいる限り、甲子園で大輪の花を咲かせる日はそう遠くないはずだ。

※現在、チーム全体の活動は休止中。部員は自宅などで個人練習をしている

関連記事