2020.03.15

センバツ大会中止にプロスカウトも
肩を落とす。観戦できずに思うこと

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Kyodo News

 別のスカウトはこんな話をしてくれた。

「大舞台や修羅場に対する強さは、じつはセンバツではあまりわからないんです。このあとにまだ夏がありますからね。だから、そこに注目するのは夏の地方大会なんです。負けたら終わりのなかで、どれだけ心身の強さを発揮するのか......そこは最後の夏じゃないと判断できません。現時点での様子を知りたいなら、実戦形式の練習を見ればわかります。ただ、現状はそれもできないのですが......」

 高野連の八田英二会長が話した"救済発言"についても聞いてみた。

「指導者の方は『ありがたい』と言っているようですが、本音はどうでしょうか......。甲子園を使って練習試合をしても、センバツと同様の思い出なんて残りませんよね。選手たちがやりたいのは、あくまで真剣勝負の"センバツ"ですからね」

 また、ほかのスカウトはこうも言う。

「私たちが本気で心配しているのは、今の状況がダラダラ続いて、夏の大会まで影響することなんです。指名の決断をするには材料や根拠が必要になるのですが、このままではそうした判断材料が少なすぎる。選手たちの真剣勝負を見られないというのは、我々スカウトにとっても痛恨です」

 そして選手たちにこうエールを送った。

「こういうことは想像もしていなかったでしょうし、野球に打ち込めないのは本当につらいと思います。ただ今回の件で、普通に野球をできることが、どれほどありがたいのかということを知ったと思うんです。だからこそ、今やれることを精一杯やって、これからの成長につなげてほしいですね」

 以前、終息の気配を見せないが、選手たちは1日1日を懸命につないでいくしかない。

関連記事