2020.01.13

東北の快速右腕は、先輩の巨人・
高橋優貴越えもあくなき探究心を持つ

  • 永田遼太郎●文 text by Nagata Ryotaro
  • photo by Nagata Ryotaro

 それが実ったのか、秋のリーグ戦ではこれまで一度もなかった完封が2試合もあった。そのうちの1試合は同リーグのライバルである富士大からだった。正村監督も大道の成長をうれしそうに語る。

「完封した2試合はともによかったと思います。終盤にいくほどよくなって。今のアイツの体つきを見たら、見た目で変化がわかると思います。このへん(大腿部の外側を指して)の肉のつき方が変わってきている。昨年の(全日本大学)選手権の時と比べれば、違いはわかると思います」

 そして正村監督はこう続けた。

「僕は、プロに行くのが最終目標ではないと思っているんですよ。大道の場合も、プロに行って、そこからいくら勝てるか、どれだけ稼げるかだと思っているので......。そんなに急いでもしょうがないと思っているし、焦ってやるとケガにもつながるかもしれない。とにかく今やれることをやって、その結果、ドラフトで指名されたらそれでいいし、ダメなら社会人に行って、もう一度磨き直してからプロに行けばいいと思っています。アイツが目指すところは、プロで50勝、60勝......その上の100勝というところだし、最終的にどこまでいけるかわかりませんが、貪欲にその思いをもってやり続けてもらえたらうれしいです」

 大道の最大の武器は、最速149キロのストレートでもなければ、空振りが取れるタテの変化球でもない。人一倍の探求心とひたむきに野球に取り組む姿勢だ。これがある限り、必ず花は開くと正村監督は信じている。大道自身もそのことは十分に理解している。

「やっと注目してもらえるようになって、ようやくスタートラインに立てたんじゃないかと思っています」

 いよいよ始まる大学ラストイヤー。大道がどれだけ成長を続けていくのか、目が離せない。

関連記事