2019.11.23

神宮大会で輝いた怪物候補の1年3人。
各自のバックグラウンドも面白い

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

(全軟連の全国大会で)横浜スタジアムのベンチにいたときは気持ちが楽で、マウンドに行ってもこんな感じなんだろうと思っていたんですけど、全然違いました。景色も違うし、緊張感がまるで違いました」

 中学時代に身近にそびえた関戸や田村、そして県内のライバル校・高知中には軟式球で最速150キロを計測した驚異の右腕・森木大智(高知高)がいた。畑中は常に同世代の逸材を見てきた。だが、そんな強大な存在にも「負けたくない思いは強いです」と対抗心を燃やす。

「すごい人をいっぱい見ているので、自分も近づけるように頑張りたいです。冬の間に下半身と体幹を強くして、フォームを安定させられれば、もっとスピードもキレも上がると思います。もっといいボールが投げられるイメージはできているので」

 夏の甲子園で準優勝を遂げた星稜(石川)は初戦で明徳義塾に5対8で完敗した。そんななか、強烈なスイングで存在感を放ったのが5番を任される中田達也だった。林和成監督が「パンチ力がある」と県大会から起用し続けた1年生の強打者だ。

 がに股の構えからダイナミックにトップをとると、下からかち上げるように豪快に振り抜く。明徳義塾戦ではライトに二塁打を放った。中田は「筒香嘉智さん(DeNA)のフォームと、吉田正尚さん(オリックス)のようなフルスイングを意識しています」と語る。

 中田のスイングが特殊なのは、その異色の経歴と無縁ではない。中田は小学生時に野球チームに所属せず、祖父・計馬さんの勧めでゴルフをしていたのだ。本人が「プロゴルファーを目指していました」と明かすように、数々の大会で優勝を飾る実力者だった。ベストスコアは小学6年時にマークした71だという。

 中学に進むタイミングで父がプレーしていた野球への思いが募り、転向を決断。加賀ボーイズに入団した。今はゴルフはやっていないが、中田は「低めのボールの拾い方がうまいとスタッフの方から言われます」と笑う。ここまで高校通算6本塁打にとどまってはいるものの、星稜は新チームになってから日が浅く実戦が少ない。中田の長打力を考えれば、本数はまだまだ増えていきそうだ。