2019.10.29

奥川恭伸に投げ勝ったスーパー1年。
打ってもよしで「二刀流」もイケる

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 試合は6対2で愛工大名電が快勝。田村の投打に高い資質について倉野監督に聞くと、こんな答えが返ってきた。

「最終的にバッター、ピッチャーのどちらになるかわかりませんが、私は両方いけるんじゃないかと思っています。意識は高いし、状況判断もできる。いろんな場面にも気が引けることもないし、ゲーム勘も持っている。非常に楽しみな選手ですね」

 田村に投球と打撃のどちらが得意かを尋ねてみたが、「どちらも同じくらいです」と即答だった。

「将来的にも両方やっていきたいと思っています。両方練習することは難しいですけど、同じくらい練習しないと、どちらか悪くなってしまうので」

 三重高戦の翌日、県岐阜商(岐阜1位)との試合で田村は無事にマウンドに上がった。だが、序盤から失点を許し5回途中で一塁に回った。試合は3対5で敗戦し、愛工大名電のセンバツ選出は絶望となった。

「二刀流」と呼ぶには、いささか気が早いかもしれない。だが、投打に底知れない可能性を秘めた大器が、愛知で腕を磨いていることだけはたしかだ。

関連記事