2019.10.25

茨城にまたプロ注目の逸材右腕。
広島ドラフト3位の鈴木寛人に続くか

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 一條は試合後、涙を見せることなく取材に応じた。

「自分で『いける』と判断してマウンドに行きましたが、無意識のうちに右足をかばっていたのかもしれません。ボールが走っていない感じがありました。(ホームランを打たれた球は)外角低めに狙った直球が浮いて、逆球になったところを持っていかれました」

 立ち上がりは健大高崎の強打線につかまった。2回には連続長打を浴びて先取点を奪われるなど、2回までに5安打を打たれた。それでも佐々木監督が「よく粘ってくれた」と評したように最小失点でしのぎ、味方の反撃につなげた。

 一條は「直球はよくなかったんですが、落ちる系の球種(ツーシーム)を使って打たせて取れました」と振り返る。ただストレートで押すだけではなく、変化球を使って打ち取るうまさもある。

 中学では石岡中の軟式野球部に所属。地域の選抜チーム・オール県南に選ばれるだけの実力があったが、常総学院入学後は「軟球と硬球の違いを感じました」と戸惑った。名門硬式クラブ・取手リトルシニア出身の菊地が先に台頭し、「悔しさはありました」。応援スタンドから同期のまぶしい活躍を見つめていた。

 2年春に公式戦マウンドを経験し、新チームになるとエース番号をつけるようになった。今後も背番号1を菊地に譲るつもりはない。その一方で、佐々木監督は「菊地も最上級生になって仕上げていけば、一條とのダブルエースになる」と両者のさらなるレベルアップを期待する。

 これからチームは長い冬に突入する。エースとして大事な試合で敗れた責任を背負いながら、一條は自らの課題を口にした。

「もっと体を大きくして、ストレートでも押して三振を取れるピッチャーになりたいです。まだ指にかかるボールを最後まで続けられないので」