2019.10.14

開星・田部隼人の打席に外野4人。
伸びしろ期待の遊撃手に吉報は届くか

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

「彼らは甲子園に出て、日本代表のユニフォームも着ている。自分はそこに並べていないので、『ここが勝っている』とは言い切れない部分はありますし、技術、体力すべてを高めていかないとプロでは通用しないのは間違いないとも思っています。

 でも、自分のなかでショートへのこだわりはありますし、ショートを守っていたから注目してもらえたとも感じています。サードや外野だったら、自分と同じサイズの選手も珍しくないと思うので、『この体格でショート』という個性は大切にしていきたいです」

 最後に、山内はこう述べた

「この体格があって、捕ってからスローイングにいくまでの形も悪くない。(プロで)即戦力になる完成度はありませんが、将来性を含めた面白さはあると感じています。まだまだ精神的な芯の部分が大人とは言えませんが、厳しい環境に身を置いても食らいつける忍耐強さも持っています。そこも含めて高いレベルに身を置いて、厳しく鍛えてもらえたら、勝負できるレベルになってくれるんじゃないかな……と期待しています」

 本人と指揮官が口を揃えるように、甲子園を盛り上げた遊撃手のドラフト候補たちと比べると、田部は「洗練されている」とは言い難い。しかし、入学以来一貫して取り組んできた強いスイングが生み出す長打力、天性の柔らかいハンドリングと強肩で魅せる遊撃守備に、無限の可能性を感じさせる。秘められたポテンシャルに球界がどんな評価を下すのか。1017日の結果”に注目したい。

関連記事