2019.09.28

星稜の4番ショートが捕手に転向。
すでに全国トップ級と指揮官も絶賛

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 それでも、内山に慢心はない。代表合宿では山瀬以外にも藤田健斗(中京学院大中京)、東妻純平(智弁和歌山)らレベルの高い捕手を見てきたからだ。

「ほかのキャッチャーに比べると、自分は肩の強さもキャッチングも配球の工夫も足りないと感じます」

 まだ2年秋の公式戦を戦っている段階だが、自身の進路については「高卒ですぐにプロにいきたい」とはっきりと強いプロ志望を口にする。

 1年後に内山がスカウト陣に評価されているのは捕手としてなのか、遊撃手としてなのか。それとも両方なのか。そのことを想像するだけでも今から1年後が楽しみだ。

関連記事