2019.09.27

山崎武司が夏の強打者10人を診断。
「育てたい」という意外な球児は?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

準決勝の履正社戦でホームランを放った明石商・来田涼斗来田涼斗(きた・りょうと/明石商2年/178cm78kg/外野手/右投左打)

春のセンバツでも見て、そのスケールの大きさから「イチオシ」と言わせてもらった打者です。2年生とは思えないほど体つきがいいし、力もある。下半身の使い方もうまいと感じます。狭間善徳監督から「タイミングが計れない」と指摘されているようですが、僕から見ると手の使い方で改善できると思います。ガチッと手に力を入れてバットを握っているので、バットがスムーズに出てこないのでしょう。ソフトに握って、少しでもいいから手を動かしてゆったりとタイミングを取ってみたらもっとよくなると思います。