2019.08.28

斉藤和巳が「球数制限」に言及。
「佐々木朗希の立場なら…」も考えた

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

――「球数制限」について、斉藤さんはどう考えていますか?

斉藤 投げれば投げただけ、故障のリスクが高くなることは間違いない。故障したくなければ投げなければいい。球数を減らせばリスクは減りますが、故障をすべて避けられるわけじゃないですけどね。一方で、たくさん投げることで投球フォームがよくなったり、筋力がついたりして自分を守れることもある。そこが難しいところです。

――選手のコンディションを見るというのは、指導者の問題でもあります。斉藤さんがホークスで活躍していた時に投手コーチだった尾花髙夫さんはこうおっしゃっています。「投げたボールを見て『肩が痛いのでは?』と思った時には、取り返しがつかないくらいの状態になっていると考えたほうがいい。だから投手コーチは、キャッチボールの段階から状態をしっかり見ていないと。ピッチャーは、肩がおかしいと思えば肩を回すし、ひじに異変を感じればそういう仕草をする」と。

斉藤 今回の佐々木投手のことについても、おそらく誰も間違ってないんです。彼自身の中にも「決勝はみんなのために投げたかった」という思いがあったでしょう。さまざまな要素が絡んでいることなので、単純に「100球で」といったように球数を制限することが正しいかはわからない。その選手も、チームメイトや関係者も、みんなが納得できるようなルール作りをするために、決定までのプロセスを大事にしてもらいたいです。

■元永知宏 著
『野球を裏切らない――負けないエース 斉藤和巳』(インプレス)
好評発売中

詳細はこちら>>

関連記事