2019.08.23

負の連鎖を断ち切る1本の犠打。
履正社スタイル徹底で初制覇を遂げた

  • 田尻賢誉●文 text by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 そうした動揺がもろに出たのが、その3回の井上への初球だ。テイクバックで手を上げようとしたとき、右手が太ももに触れてしまったのだ。そのためしっかりとトップがつくれず、中途半端に投げてしまった。その結果が、高めの甘いスライダーになり、痛恨の一発を浴びる結果になってしまったのだ。

 奥川は「ボールにしようと思ったんですけど、ダメでした」と言ったが、山瀬は「いつもの奥川なら(ボールに)できた」と言う。本来のボールが投げられず、「今日はうまくいかない」という気持ちが、奥川の危機回避能力や修正力を鈍らせてしまった。

「いつもは(体が)前に倒れているとか、(体重が)前に乗っていないとか言うと、奥川なりに解釈して修正するんですけど、今日はそれができていなかった」(山瀬)

 履正社相手にソロホームランは想定内だったが、連続四球で走者を溜めてからの3ランはまったくの想定外だった。だからこそ、そのショックとダメージは計り知れないほど大きかった。

 その後も奥川はリズムに乗ることができず、三者凡退は9イニングでわずか1回だけだった。試合前は「サインにわざと首を振って、相手を惑わすことも考えている」と語っていた奥川。相手を観察して、駆け引きしながら投げるのが本来のスタイルだったが、この日に限っては自分自身と戦ってしまった印象が強い。

 自分たちのスタイルに持ち込んだ履正社と、本来の投球ができなかった奥川。早い段階で"負の連鎖"を断ち切った履正社の勝利だった。

関連記事