2019.07.20

山形は逸材の宝庫。「庄内のアナコンダ」は
地元代表の巨漢スラッガー

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 今年の山形は逸材の宝庫と言われる。優勝候補の鶴岡東にはツボにはまった打球は超高校級の丸山蓮に、強肩強打の捕手・大井光来(みつき)。侍ジャパンU−18代表候補合宿に招集されたスケール型捕手の渡部雅也(日大山形)や、本調子に戻れば注目必至の右腕・篠田怜汰(羽黒)。そして酒田南の伊藤海斗と渡辺拓海の巨漢コンビ。ここまで有望株が多い年は珍しい。

 そんな激戦の山形を制して、頂点に立つチームはどこだろうか。酒田南が山形の「レペゼン」になるには、鈴木監督が言うようにアナコンダの大暴れが必要になる。

関連記事