2019.07.12

青年監督がシティライト岡山で初快挙。
それでも「監督に向いてない」

  • 井上幸太●文 text by Inoue Kota
  • photo by Inoue Kota

 いよいよ、チームにとっても、桐山にとっても初となる都市対抗が幕を開ける。意気込みと選手たちへの期待をこう語る。

「年初から『全国大会ベスト8』をひとつ目標として掲げてきました。そこを目指して戦っていくなかで、大手企業のチーム相手にも勝つチャンスがあるという実感を得てほしいと思っています。都市対抗という大きな舞台で色々なものを感じて、自信につなげてほしい」

 最後に「これ、言ってもいいのかわからないですけど」と前置きした上で、こう付け加えた。

「今でも、『自分が監督に向いている』と思ったことは一度もないんです。采配の失敗も数えだしたらキリがないくらい。ただ、監督として経験したことをひとつも無駄にしていないとは思っています。選手たちに成長させてもらっている日々ですが、学んだことを次に生かす気持ちを忘れず、本大会にも臨みたいです」

 監督就任4年目の青年監督の下、全員野球でつかんだ夢舞台。発展途上のチームが、予選以上の旋風を巻き起こす。

関連記事