2019.06.25

東海大菅生の忍者が大学1年で侍Jに。
怪しい動きで好敵手の術を学ぶ

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

“忍者”は常に「ターゲット」のうしろにいた。練習前の円陣でも、ウォーミングアップのダッシュでも、練習後の居残り守備練習でも。まるで大将の寝首をかくために放たれた草の者のごとく、ある選手のうしろにピッタリとついて回っていた。

 練習が終わったあと、思わずこう声をかけてしまった。「ずっと児玉くんのうしろについていたね?」と。すると”忍者”はいたずらっ子のように笑って、こう答えた。

「はい、児玉さんを超さなきゃいけないので!」

侍ジャパン大学代表合宿で軽快な守備を見せる田中幹也(写真左)と児玉亮涼 侍ジャパン大学代表候補50名が発表された際、候補リストのなかに亜細亜大の1年生内野手・田中幹也(東海大菅生)の名前を見つけて、生田勉監督の意図を推察せずにはいられなかった。

 生田監督は代表監督であり、亜細亜大の監督でもある。もちろん田中の高い能力を見込んだ面もあるだろうが、おそらく昨年の代表選手であり、田中と同タイプの児玉亮涼(りょうすけ/九州産業大3年/文徳)から学んでほしいという親心があったはずだ。

 田中は東海大菅生時代、2年夏の甲子園で数々の美技を披露し、”忍者”の異名をとった遊撃手である。神出鬼没の大胆なポジショニングに、フィールドをところ狭しと駆け回る軽やかな身のこなし。本人が目標とする菊池涼介(広島)を彷彿とさせるプレースタイルで大観衆を酔わせた。

 亜細亜大に進学した今春はリーグ戦開幕からベンチ入りを果たし、シーズン途中から二塁手の定位置を確保した。田中は最終節の東洋大戦の前に、生田監督からこんな言葉をかけられたという。

「東洋戦で活躍したら、代表合宿に連れていくぞ」

 その大事な最終戦で田中は4打数3安打2打点と暴れ回り、みごと代表候補入りを果たしたのだった。

 そして、6月22日から神奈川・平塚で開かれる大学代表選考合宿に臨むにあたって、田中は生田監督から「児玉に負けたら(代表に)入れないぞ」と発破をかけられている。ただの「研修」にするつもりはなく、田中は「勝負」するために平塚に来ていた。